私が試して失敗したにおい対策を紹介します。

わきが・体臭・足臭 改善情報サイト

▼MENU

私が試して失敗したにおい対策を紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

そんな私も20歳になり、悩み続けるのにもいささか疲れました。
「このままではいけない」と感じ、ワキガをなくそうと心をきめました。

においをなくすために私が試して失敗した方法を、紹介いたします。


失敗1 香水をつけて体臭を隠そうとした。

ワキガをごまかそうと思って、香水をたくさんつけました。
つけはじめは香水が勝っているのですが、時がたつとワキガがにおいはじめました。

最後は「ワキガと香水がまざったにおい」になってしまいました。
けっして、いいにおいではありません。

「使い方をまちがえると、香水は体臭を強くする」ことが、このときにわかりました。

インターネットでは、
「香水や整髪料の香りが体臭とまざると、ふつうより嫌なにおいになる」
「加齢臭、口臭、タバコ臭に、香水もブレンドされて倒れそうになった」
という、女性の体験談がのっていました。

香水は、人の魅力を上げるだけでなく、魅力を下げてしまうこともあるのですね。
体臭にごまかしは効かない。においは元から断つべきなんです。

香水や整髪料は、正しく使うことを心がけたいと思いました。

失敗2 新しい服を新調した

ワキガが染みついた服を捨てて、新しいスーツとカッターシャツを買いました。
しかし何日かたったら、新しい服にもにおいが染みついてしまいました。

緊張して、わきから汗をかくことは避けられません。
「わき汗の質を変える」「体の中からきれいにする」など、根本からワキガを治すべきですね。

失敗3 ワキガ手術を考えた

手術をすればワキガは治るのか?調べてみました。
するとワキガ手術には、以下の5つのデメリットがあることが分かりました。

①手術費用が高い
1回のワキガ手術につき、およそ6~30万円かかります。
保険が使えるか否か、どんな手術をしたか、病院によっても値段が変わります。

お金をかけて手術をしても、ワキガが完治しないこともあります。
中には3,4回手術を行なって、100万円以上かかったという例もあります。

②ワキガ再発のリスクがある
アポクリン腺(ワキガの原因)をきちんと取りのぞけなかったときに、ワキガが再発します。
若い人だと、手術で取ったアポクリン腺が新たに作られることもあります。
しばらくワキガがなくなっても、何か月かすると元に戻ってしまうのですね。

③手術が完ぺきでないことがある
病院、クリニックをどこを選ぶかによって、手術や効果が変わってきます。
評判のよい病院を選んでも、手術をしてみないと結果はわかりません。
人によって汗腺の量も大きさも違うので、完ぺきにうまくいくとは限らないのです。

④身体的なリスクがある
現在では、わきをメスで切り、皮膚を裏がえして、
汗腺をひとつずつ取りのぞく方法が効果が高いといわれています。

以下のような身体的リスクが、手術にはつきものです。

・手術後にしばらく入院しないといけない
・傷口から感染症が起きないように気をつけないといけない
・傷口が目立たないように、手術後わきを隠さないといけない
・手術から回復するまで仕事を休まないといけない

⑤副作用がある
1、わき以外の汗が増える
わきからは汗がでなくなりますが、かわりに他の部分から汗がたくさん出ます。
顔や背中など上半身の汗が増えることが多いです。

2、わき以外の体臭が増える
わきがが治っても、わき以外の他の部分の体臭が増えます。
以前より汗や体臭が増えた人も多くいます。
わきがのようなきつい体臭がでるので、手術の意味がないと感じる人もいます。


ワキガや体臭、加齢臭を消す!パーフェクトメンズデオドラント

パーフェクトメンズデオドラント

わきがの臭い改善法

体臭改善プログラム

体臭、わきがでお悩みの方へ。名医が教えてくれたわきが(ワキガ)の臭い改善法