なぜ、臭うと人に嫌われるのか?

わきが・体臭・足臭 改善情報サイト

▼MENU

なぜ、臭うと人に嫌われるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分は臭うんだ」とはっきり自覚して依頼、私は周囲の人々と積極的に関われなくなりました。

あなたも知っての通り、ニオイは空気を伝わって他人に不快感を与えてしまうのです。

「こいつクサイ」とか、「近寄りたくない」そう思われたらどうしよう。
他人から嫌われたくないという恐怖が、毎日のように襲ってくるのです。

では、なぜ人はクサイ臭いを嗅ぐと、反射的に避けるのでしょうか?

それは、ニオイは脳に直接作用するからです。

ニオイは、目に見えないニオイの分子が空気を伝わって直接相手の鼻に入ります。
その分子が鼻に入ると、天井にある嗅粘膜の粘液に溶け込みます。

すると、そこにある細胞が興奮して電気的な信号が発生し、その信号が大脳に到達することで、ニオイの感覚が生じると考えられています。

ニオイを感知する嗅球と呼ばれる神経組織は、脳の大脳辺縁系の一部なので、そのニオイの感覚は、脳の最深部にある大脳辺縁系に大きな作用を及ぼします。

ここは人間の本能や感情を司っている部分であり、言い換えれば、人間の本性そのものなのです。

そこにニオイが直接作用するのです。

他の感覚(視覚・聴覚・触覚・味覚)というのは、視床、大脳新皮質など
さまざまな神経回路を経て大脳辺縁系に情報が伝わるのですが、嗅覚は別で、最短ルートで情報が脳に直接届きます。

つまり、香りやニオイは脳と直結しており、ニオイを嗅いだ瞬間に大脳辺縁系に情報が直接伝わり、本能が刺激されたりすぐに感情や記憶を呼び起こす事ができるのです。

人とすれ違ったり、いいニオイで思わず振り返ってしまったり、ゴミのようなニオイに顔をしかめたりするのは、ニオイが脳へ直接作用しているからなのです。

ですから、嫌なニオイだとその香りを理屈抜きで嫌いになり、それを発している人の事も嫌いになってしまうのです。

「この人に近寄りたくない」というのは、「このニオイは危険だ」と脳が判断し身を守る、 いわば人間の防衛本能がそうさせているのです。


体臭改善プログラム~Total Body Fragrance~

パーフェクトメンズデオドラント

わきがの臭い改善法

体臭改善プログラム

ワキガや体臭、加齢臭を消す!パーフェクトメンズデオドラント