あなたのニオイはなぜ発生するのか?

わきが・体臭・足臭 改善情報サイト

▼MENU

あなたのニオイはなぜ発生するのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

では、ニオイはなぜ発生するのでしょうか?

ここでは、ニオイに悩まされている人の代表的な症状である加齢臭、ワキガと体臭、足のニオイ、口臭に分け、その代表的なものを解説していきます。


症状1 加齢臭

加齢臭とは、年齢に関係して発生する体臭のことを指します。
なぜ、加齢によって特有のニオイが発生してしまうのか? 

それはノネナールという物質に原因があります。

これは、皮脂腺の中のパルミトオレイン酸という脂肪酸が酸化・発酵し、過酸化脂質によって作られる物質です。 

加齢とともに、体内で作られる抗酸化物質の量は減少します。

抗酸化物質が減少すると、体内の活性酸素に対する抑制力も弱まり、脂肪の過酸化を防げなくなってくるのです。

また、パルミトオレイン酸は40代頃から増加してくることが多い、というデータがあります。

このことから、加齢に伴い発生する物質と体内から減少していく物質が重なり、加齢臭に結びついていることが分かります。


症状2 ワキガと体臭

ワキガや体臭の発生には幾つかの原因がありますが、これらのニオイの大もとは、汗をかくということです。

汗をかくことは決して悪い事ではありませんが、これを長時間放っておくと皮膚表面の雑菌や皮脂の影響を受けてニオイを放つようになります。

これが「汗臭さ」の原因です。

もともと、ワキにはアポクリン腺という汗を分泌する腺があります。

ここから出された汗は普通の汗に比べて粘り気があり、皮膚表面の常在菌によって分解され、そこに皮脂が混ざってあのようなニオイを発生するのです。


症状3 足のニオイ

足のニオイは靴のムレが原因で発生することがよくあります。
靴のムレが雑菌を増殖させ、足のエクリン腺の分泌する汗や脂肪分などを分解して嫌なニオイを発生させるのです。

足は、通気性が悪く日光が当たる事もありません。

特に靴の中は足から分泌された汗によって湿った空気がこもりっぱなしです。
靴の中は、雑菌が繁殖しやすい住処となっているのです。

足のニオイに悩みを抱えている人の中には「足が臭いのは自分の体質のせい」とか「ひょっとして自分の体は異常なのでは」と心配する人がいますが、そうではありません。

足のニオイは、条件さえ揃えばいつでも誰にでも発生するのです。


症状4 口臭

口臭は、人が話をする時に出てくる口の中のニオイです。
人は少なからず口臭を持っています。
ただ、それが悪臭になることがあるのです。

口の中の細菌が増殖した結果、ニオイが強くなったり、歯周病の菌が嫌なニオイを発生させたりする事も分かっています。

もちろん食べ物や飲み物でも口臭が発生しますが、体の病気によるものもあります。




このように、ニオイには必ず原因があります。
自分の場合はそれが何なのかを正しく把握する事が、ニオイ改善の第一歩なのです。

それが分からず、手当り次第に対策をやってみて「どれも効果がなかった」とガッカリするのは、おかしな話だと思いませんか?


ワキガや体臭、加齢臭を消す!パーフェクトメンズデオドラント

パーフェクトメンズデオドラント

わきがの臭い改善法

体臭改善プログラム

ワキガや体臭、加齢臭を消す!パーフェクトメンズデオドラント